SolutionChat Bot

Greeting Bot

感謝からはじまるリテンション

顧客一人ひとりに合わせた挨拶や感謝を伝え、日常的なコミュニケーションを強化します。また、これにより顧客のロイヤルティ強化を実現します。

Micro Bot

カスタマーの心理変化を察知

簡単なアンケート等からNPS(Net Promoter Score)を導き出します。顧客にサービスや商品に対する心理変化が起きた時でも、すぐに察知し、その状態にあわせたコミュニケーションを図ります。

Retention Bot

見えてくる、企業の課題

「解約」というタッチポイントでコミュニケーションを図り、解約抑止・分析を行います。顧客の温度感を数値化し、リアルタイムで空気を読むことによって、デジタルの枠を超え、より人間との会話に近いコミュニケーションを実現しています。

機能

FRS

顧客の温度感を数値化し、感情に応じてチャットボットが空気を読み、コミュニケーションを変化させます。
これにより、チャットボット自身が性格を持ち、人間に近いコミュニケーションを実現しています。
※FRS(Favorability Rating Score):ユーザーの温度感を数値化する技術。<特許出願中>

NPS

マイクロボットでは簡単なアンケート等からNPS(Net Promoter Score)を導きだします。
現状の顧客ロイヤルティを知ることで、ブランドの「強み」をきちんと理解し、強化できるため、ロイヤルティの向上に繋がり、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の向上にも繋がります。

PERSONA

FRS機能で取得したデータから、顧客が何に満足し、何に不満を感じているのかが明確になり、その割合等が数値化されます。
そして、そのデータから具体的な既存顧客のペルソナ設計を行えるため、解約抑止に関わらず、より明確なマーケティング戦略がたてられます。

1on1 Marketing

チャットボット上で一人ひとりに合わせたコミュニケーションを行い、解約抑止を行うだけでなく、Smashを通じて取得した様々なデータで1to1マーケテイングを加速させます。
取得したデータは解約してしまった顧客に対する再入会や再購入などのナーチャリング時にも活用することにより、様々な角度からの1to1マーケティングを可能とします。それにより、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)向上をサポートします。

VOC analysis / 0 party data

顧客自らが進んで企業に提供するデータをゼロパーティデータいい、cookie規制が進む中で注目を浴びています。
Smashでは「解約」というタッチポイントをベースに顧客の率直な意見や置かれている状況などのVOC(Voice Of Customer:顧客の声)を含むゼロパーティデータを取得し、商品やサービスに対する課題が明確にします。
通常のアンケートと比較しても、約19倍もの情報が取得できます。

分析

ディシジョンツリー

解約の危険性や、ロイヤルティの高いユーザーの要因を分析します。

コホート分析

ユーザーの行動や継続率、解約率などで分類したグループごとに分析します。

チャーン分析

ユーザーの解約理由、サービスの改善すべき点を分析します。

フローチャート分析

チャットボット上での会話の流れをスコアリングし、ロイヤルティを分析します。

コミュニケーション分析

チャットボット上での会話の質問の回答の割合だけでなく、その後のユーザーの契約や購入の継続とどう紐づくかを分析します。

感情分析(FRS)

顧客のサービスや商品に対する温度感を数値化、分析します。

  • チャットボット